「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

ベテランのロックミュージシャンで耳鳴りに悩まされている人が多いとの話を聞きます。

基本的に人間は大きな音を聴き続けているとキーンという耳鳴りがするようになり、耳を休めないとやがて難聴になります。自分の声も大きくなり、テレビやオーディオの音も増大するので家族や友達にも迷惑をかけます。これがバンドや楽器によって引き起こされた場合を、いわゆる「ロック難聴」と呼ぶのです。

ではバンドマンはどのような形で難聴になりやすいのか、また最近ある音楽用の耳栓は効果的なのかなどについても述べたいと思います。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

どのパ-トが一番難聴になりやすいのか

これは、常にシンバルが鳴り続けるドラマーがジャンル関係無く一番難聴になりやすいです。

狭いスタジオで迫力のあるパワードラマーと演奏すると、スネアのリムショットシンバルの音がヌケすぎて、他のパートの人まで耳鳴り起こすくらいです。

その次がロック系のギタリストですね。
彼らはただでさえ自分の音を大きくしたがる傾向にあります。

またキーボード奏者も気をつけなければなりません。ギタリスト、ベーシストと違い、キーボードのモニター環境はアンプの出力が小さくスピーカーも小径、しかしハイファイ気味であることが影響して、ギターやベースのアンプと違って耳に頼って聴きこむことが多くなり、結果として耳への負担が重なり、耳鳴りや難聴につながります。

どのジャンルが一番難聴になりやすいのか

もちろんこれについてはロック系です。
特にシューゲイザーを始めとするノイズ轟音系はならない方がおかしい位です。

実際轟音で知られるMy Bloody Valentineや日本のBorisなんかはライブに来るオーディエンスに耳栓を配っています。

そんなに音を大きくしなくてもいいではないかと言う意見もありますが、そこまで大きい音にしないと出ない周波数、帯域の音が存在するのです。また音量と音質に加えて、音圧という要素もあります。これは耳ではなく、胸や体全体で感じる帯域の音です。

とはいえ、小さい音で演奏する小規模のジャズのコンボバンドはドラムの音量が小さいので難聴にはなりにくいですが、ホーンセクションが入るようなビックバンドやファンク系はドラムの音量が大きくなるため、ドラムの人は難聴になりやすい傾向があります。

そして本来は機材さえ良ければ、音というのは大きければ大きいほど、良いものなのです。重要なことは、どうやって耳に負担がかかる周波数を取り除くか、ということなのです。

さあ、そこで耳栓の出番です。

音楽用の耳栓は実際使用するとどうなのか

自分は5,6年前くらいから大きな音で演奏していると耳鳴りが起こるようになったので、音楽用の耳栓を常に持って使用しています。

耳栓を使うと音が変に聴こえるのではないかと最初思ったのですが、まったく違いました。

楽器用の耳栓は耳にダメージを与える音域の音量を減らし、そうでない部分は音量の減らし方が小さくなっているのです。これは高級なサングラスが目障りな照り返しの光だけを遮って、結果としてよりクリアな視界が確保されるのと同じで、ただ音量を下げるのではなく、物理的に耳に負担を与える周波数の帯域を削り、それ以外の音域は通すように設計されているからです。

これにより耳を守るだけでなく、不要な低音や耳障りな中高域も削られるので、バンドアンサンブルがより明確になるというメリットもあります。

確かに最初は、音のセッティングは耳栓しないでやる方が早いですが、慣れれば耳ではなく胸や体に響く音でセッティングできるようになりますし、時間があるのならば録音したものを聴いてセッティングするのもいいと思います。

自分の演奏やステージの場合だけではありません。ライブを干渉する際にも、耳へのダメージは確実に減り、轟音系インストバンドを立て続けに見ても大丈夫なくらいです。

ただ、たまにやたら音を大きくすればいいんでしょ的なPAがやってるライブに行くとそれでも耳がやられる時があります。

その場合はとりあえず演奏しているところから離れて、後方、具体的にはミキサー卓の目の前あたりまで逃げますが、そうすれば耳がやられてしまうということはめったにありません。

自分の耳を守るために、バンドマンならば常に音楽用耳栓を持ち歩くことをお勧めします。
これからは、ポケットや財布の中に携帯しておきましょう。

バンドマンの関連記事

▶︎男性バンドマンの人気ファッションブランドは?

▶︎女性バンドマンの人気ファッションブランドは?

▶︎バンドマンの打ち上げに追っかけファンが参加したらどうなる?

▶︎バンドマンが差し入れで嬉しいものとは?

 

音楽好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。