BOSS GT-1は発売当初より、品薄状態がだいぶ長く続いた人気商品です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

boss GT-1 の評価レビュー。

重さが1.3キロで大きさがGT-100の約半分。

持ち運びは簡単で音が良く、値段も安いとなれば、人気が集まるのは当然です。

アルカリ電池4本で約7時間駆動するマルチエフェクターですが、AD変換は24ビットとなっていますので、出音も良いです。

アンプモデリングはBOSSの得意なモデリング技術COSMを使用していますので、安定した音が出ます。

エフェクトも108種類となっていますので、古いエフェクターから最新のDMPエフェクターまで入っています。

もちろん、ルーパー機能も付いています。

操作性

筐体が小さくなったので、フットスイッチが3つになり、横にエクスプレッション・ペダルが1つ付いています。

チューニングするときがおもしろくて、このフットスイッチがひかります。

フラットしていると左のフットスイッチがひかり、シャープしていると右のフットスイッチがひかります。

音が合うと真ん中のフットスイッチが赤くひかります。

暗いステージでもわかるように、色でも教えてくれるようになりましたので親切です。

フットスイッチ左と中央でプリセットを上下して音色を選びます。

ユーザーがライトできるプリセット99個とリライトできないプリセット99個との合計198のプリセット数があります。

音色のエディットも簡単になっており、イージーエディットを選び、LCD横の1,2,3ツマミでトーン、バイブス、エコーをいじることで簡易的なエディットが可能になっています。

CTLペダルが筐体の小さくなったぶんだけに一つになってしまいましたので、
設定によって役割を当てるのには、慣れるまでには少々時間がかかるかもしれません。

CTLペダルを追加することもできますが、そうなると大規模なシステムとなり、コンパクトさがなくなってしまうような気がします。

サウンド

BOSSのCOSMを使ったことのある方はわかるかと思いますが、アコースティックシミュレーターから激歪みのゴリゴリのメタルサウンドまで幅広く入っています。

エフェクターも、歪み、モジュレーションからディレイ、リバーブまでBOSSのクオリティで入っています。

もし、うまく音が作れないという方には、パソコン用ソフトウェアをパソコンにインストールして、BOSS TONE CENTALから世界のトップギタリスト達が作成した即戦力なパッチをダウンロードすれば簡単に使えるようになっています。

TOTOのスティーブ・ルカサー、元メガデスのマーティ・フリードマン、の他、Gus G、ドラゴンフォースのギタリスト、アングラのギタリストなどのパッチが入っています。

メーカーのページには試奏動画がありますので、自分の演奏と比べることもできます。

まとめ

これは、ライバル他社の製品をつぶしてしまうべくBOSSが発売した最終兵器(?)でしょう。

初心者にはとても良くて、これを買っておけば間違いないと思います。

他社からも追随した商品が出てきていますがBOSSの歪みは一段上を行きます。

もし、製品が古くなってきたらBOSSによってソフトウェアがアップデートされていくかもしれません。

ベーシスト向けにはGT-1Bが用意されているところも抜け目の無いところです。

マルチエフェクターの関連記事

▶︎BOSS GT-100の評価レビューはこちら!

▶︎NOVA SYSTEMの歪みや音の評価レビューはこちら!

▶︎NOVA SYSTEMのセッティングや使い方はこちら!

▶︎MS-50G(ZOOM)の評価レビューはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■