松本孝弘さんモデルのギター(エピフォン)についてをみていきましょう。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

松本孝弘さんモデルのギターについて

B’zだけでなくソロやラリー・カールトンとの共演等日本を代表するギタリストの一人となった松本孝弘さん

彼の一番最初のシグネイチャーモデルYAMAHAから1988年に発売されたMG-Mです。

定価65,000円(当時は消費税がありませんでした)だったのですが、松本氏自身は市販されているものと全く同じ物を使用していました。

その後MG-M II、MG-M IIG、MG-M III、MG-M CUSTOMと1996年くらいまでMG-Mシリーズ製作されます。

この当時からフロイドローズタイプのモデルでオリジナル仕様で弦を裏通しにしているエピ―ソードもあります。

それによってチューニングの安定を図っていたなど、この時から既に楽器へのこだわりが感じられますね。

その後ギブソンカスタムショップから松本孝弘シグネイチャーモデル“Gibson Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow”が発売され、それ以降の彼のモデルはギブソンから発売されています。

ちなみに当時世界で5人目のレス・ポール・シグネチャ・アーティストとなる偉業でした。

当時のアーティストはLED ZEPPELIN/ジミー・ペイジ、KISS/エースフレイリー、AEROSMITH/ジョー・ペリー、GUN’S & ROSES/スラッシュと名だたる方たちで、アジアとしては初の抜擢になります。

 

そのギブソン版松本モデルの第2弾「Gibson TAK Matsumoto Les Paul TAK Burst」が発売された時、同様の仕様の廉価版「Epiphone Elite TAK Matsumoto Les Paul TAK Burst」がエピフォンから発売されました。

これがエピフォン版松本孝弘シグネイチャーモデルの最初のものとなります。

その後ギブソン版松本モデル第3弾としてダブルカッタウェイの「Gibson Tak Matsumoto DC Standard」が発売、そしてそのエピフォン版も発売されます。

 

そして2015年、松本モデル第4弾として「Gibson TAK MATSUMOTO FIREBIRD」、通称「松本バ-ド」が発売されます。

これはファイヤーバードを大胆にアレンジしたもので、こちらもエピフォン版の発売に期待する声が多かったのですが、現在(2017年8月)まで発売されていません

では簡単にエピフォンで発売された松本孝弘さんシグネイチャーモデルをご紹介します。

松本孝弘さんモデルのギター(エピフォン)について。

Epiphone Elite TAK Matsumoto Les Paul TAK Burst

2004年にギブソンから発売されたもののエピフォン版です。
エピフォンとは言えどもピックアップはギブソンのものと同じものが搭載され、初期ものはフジゲンで製作されています。

トップのキルトメイプルの模様が大変美しいモデルです。
ただし、それ故に今は価格が高騰していて安いものでも20万近くします。

なお、こちらのモデルEpiphone EliteというEpiphone の中でもワンランク上の分類に入り、本機以外のモデルでも当時の価格よりも高騰している物も多くあります。

人によってはギブソンの安価なタイプよりもEpiphone Eliteの方が評価が高く本機も同じような評価といえるかもしれません。

音は普通に使えるレスポールの音で、松本氏のファンで無くても全然使えます。

フロントピックアップの上に「TAK Matsumoto」の字がありますが気にしない人にとっては問題無いと思います。

前期と後期で仕様の変更点です。

前期は日本製、ヘッドがギブソンタイプ、PUがNew TAK Matsumoto Specialです。

後期は海外製(Epiphone Eliteは基本的に日本製なのでもしかすると情報に間違いがあるかもしれません。)、ヘッドがエピフォンタイプ、PUがBurst Buckerとなっています。

前期の物はレア度も高そうですね。

 

 

Epiphone TAK Matsumoto SIGNATURE Double Cutaway

 

その次にギブソンから出た松本孝弘モデルのダブルカッタウェイモデルがエピフォンでも発売されます。

これは重さも軽くネックも薄型ですので、ヴィンテージライクなネックが好きな方以外は弾きやすいと思います。

写真を見るとケースや小物類も揃っていてギターを弾かない人でもコレクションとして買いたくなりそうです。

また何度か違うバージョンで再販しており、現在入手しやすいものは2011年頃製作されたシリーズです。現在でも6万未満で入手できます。

上記にあげたEpiphone Eliteの表記がないという点も価格に影響しているのかもしれませんね。

本家よりやや低音が出ないものの値段を考えるとクオリティは高いです。

先日発売されたエピフォンのファイヤーバード「ジョー・ボナマッサモデル」も本家を凌駕するような出来だったりするので、最近のエピフォン自体のクオリティはかなり高いようです。

エピフォン版の松本孝弘シグネイチャーモデルも廉価版でありながら本家に通じるものがあります。

もし試しにエピフォン版を使用して気に入ったのであれば、是非本家のギブソン版の購入も検討してみてほしいです。

関連記事

▶︎松本孝弘さんのギターテクニックについてはこちら!

▶︎松本孝弘さんのギターストラップについてはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■